日韓戦争を自衛隊はどう戦うか 本 無料のPDF

日韓戦争を自衛隊はどう戦うか


日韓戦争を自衛隊はどう戦うか の本の表紙


3.9 5つ星のうち(8人の読者)

日韓戦争を自衛隊はどう戦うか 本 無料のPDF - 日韓戦争は、必然的に中国・北朝鮮による3国同時事態に発展する。その非常事態に備えて、陸上自衛隊は「軽空軍化」せよと提言!日米韓で北朝鮮に対抗するこれまでの同盟関係は文在寅政権によって破壊された。わが国がこれから直面するのは韓国・中国・北朝鮮による《三国同時事態》である。この地政学的急変に既存の攻撃ヘリ部隊では対応できない。エンブラエル社の固定翼軽攻撃機(ライトアタック)「スーパーツカノ」ならば長時間滞空して沿岸監視や敵情偵察、自衛空戦も可能。ヘリ部隊を廃止し、ライトアタック機に機種転換して陸上自衛隊を「軽空軍化」せよという衝撃の書。

日韓戦争を自衛隊はどう戦うかの詳細

本のタイトル日韓戦争を自衛隊はどう戦うか
作者兵頭二十八
カテゴリ
ファイル名日韓戦争を自衛隊はどう戦うか.pdf
ファイルサイズ21.65 (現在のサーバー速度は29.33 Mbpsです

以下は、日韓戦争を自衛隊はどう戦うかに関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
というのが骨子で、その理由が世界のアタックヘリ運用例とともにこと細かく述べられています。 タイトルの「日韓戦争」については初めのほうで述べられていますが、メインとは思えず、ヘリやライトアタック機の運用もまずは尖閣防衛を視野に述べられています。 最後のほうは「おススメのライトアタック機」スーパーツカノ(塚野かとおもったらブラジル製でした)について詳細に説明していましたが、おススメであって実際に日本で購入する計画があるわけではないので、どうしても斜め読みになって終わってしましました。 それでも「アタックヘリは時代遅れ、ライトアタック機を購入すべし」という趣旨は十分納得できるものであり、陸自の皆さんには是非是非真剣に検討していただきたいと思います。