デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる 無料で

デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる


デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる の本の表紙


5 5つ星のうち(3人の読者)

デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる 無料で - 2019年現在、18歳となり、大学受験や専門学校への進学、来春の就職を控えた高校3年生以下の10代は「デジタルネイティブ世代」と呼ばれており、物心が付いたときには、傍らにiPhoneがあったこの世代の価値観や行動スタイルは、従前の世代とはまったく異なっています。特に、2010年代に起きた「情報接触態様(スタイル)」の変化は大きく、ソーシャル時代のメディア接触時間の増減や情報収集手段の多様化、購買意思決定プロセスの変化の存在を知ることなく、マーケティング活動を行っていると、情報を発信する、商品やサービスを販売する方々と、消費購買する生活者との間に、大きなGAPが生じてしまいます。本書は、自社の魅力ある商品の存在を知ってもらい、ファンになってもらいたいと考えている方や、令和時代のマーケティングについて学ばれたい方を想定し、SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)や、口コミの特性、SNSを通じて情報が伝播、拡散されていく構造、購買意思決定プロセスの変化など、令和時代のマーケティングセオリー(新説)について、リサーチ結果や実例、オリジナルの図解を数多く用いて、解説しているので、押さえておきたいポイントを60分で理解できます。〈内容〉本書は、SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)をご理解いただくため、「基礎編(前編)」として発刊したものです。第1章 メディア接触の変化第2章 令和時代の情報検索手法第3章 SNSが検索手段として適している理由第4章 消費購買プロセスって変わった?第5章 お客様の顔が見えない・・第6章 変わらなきゃ、令和時代のマーケティング第7章 一口に「ID」と言っても意外と深いIDを考える第8章 お客様の顔が見えない問題を解決する第9章 口コミが生まれるスイッチを知る第10章 口コミってどう広がるの(伝播の構造)第11章 口コミのスイッチが入りやすい商品って何?第12章 人はなぜ口コミ情報を発信するのか第13章 従来型メディアの受難とSNSへのシフト

デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できるの詳細

本のタイトルデジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる
作者マーケティング視点で読解力を高めるノート
カテゴリKindleストア
ファイル名デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー-snsで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様-スタイル-が60分で理解できる.pdf
ファイルサイズ18.52 (現在のサーバー速度は27.69 Mbpsです

以下は デジタルネイティブ時代のマーケティングセオリー: SNSで情報を手繰り寄せる世代の情報接触態様(スタイル)が60分で理解できる の最も正直なレビューです。 この本を読んだり購入したりする場合は、これを検討してください。
マーケティングのセオリーに著者独自の視点が面白い。ASIPSモデルなど、なるほどなー、と感じた。IDの話や後半の口コミのメカニズムなど、理論と実践がミックスされていてとても良かった。