アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書) 本 PDFダウンロード

アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書)


アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書) の本の表紙


4.7 5つ星のうち(1人の読者)

アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書) 本 PDFダウンロード - 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 石村/耕治 アメリカ・イリノイ大学ロースクール、オーストラリア・モナシュ大学ロースクール修了。白鴎大学法学部教授・同大学院法学研究科長。日本租税理論学会理事長。国民税制研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書)の詳細

本のタイトルアメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書)
作者石村 耕治
ISBN-104881777653
発売日2017/5/1
カテゴリ
ファイル名アメリカ連邦所得課税法の展開-申告納税法制の現状と課題分析-白鴎大学法政策研究所叢書.pdf
ファイルサイズ19.29 (現在のサーバー速度は27.34 Mbpsです

以下は、アメリカ連邦所得課税法の展開―申告納税法制の現状と課題分析 (白鴎大学法政策研究所叢書)に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
アメリカ連邦の所得課税(所得税法人税)についての概説、それに加えて手続き法や税務行政の機構と仕組みがわかり、さらに税務訴訟についてもフォローされています。日本で流されるアメリカに関する情報は膨大ですが、税法のかなり細かい部分や行政機構や訴訟の分野について日本語で読める文献が少ないなかで非常に価値がある出版だと思います。個人的には本書を読むことで、アメリカの税法と行政機構とその仕組みへの「興味」を「より確実な知識」へと変換してくれそうな予感がします。